忍者ブログ

不動産投資 福岡|アイリスゲートウェイ

福岡での不動産投資日記。不動産投資の普段の日常をリアルにアイリスゲートウェイがお届けいたします。

HOME • Admin • Write • Comment
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年2月頃だったと思いますが、福岡の不動産投資家がe-Taxでの返金に挑戦しました。


その後6月に入って、市県民税の返金用紙なるものが区役所より郵送されてきました。


2011071801.jpg







上記が区役所よりe-Taxでの返金に関する用紙一式が同封された郵便になります。


現金でもらうには6月までという期日が決められており、結局専用のはがきに振込口座を記入し、下記の写真のように個人情報保護シールを貼って、返送することにしました。


2011071802.jpg







この青いシールも同封されています。


このハガキを返送すれば、約3週間後に振込があるそうです。


区役所の市県民税というものは、次年度で調整されるという決まりだとよくネットで見かけてしまいますので、わざわざ返金していただける福岡は、良い県になるのかもしれませんね。

PR
正確には昨日の3月8日に、福岡の不動産投資家にe-Taxより振込完了のはがきとが届いていました。


2011030801.jpg







実際にメールで7日に振り込むとの事でしたので、その翌日にはがきが届いたことになります。


また福岡の不動産投資家にe-Taxより昨日メールが届いていました。


内容を読むと、「あなたの還付金手続きが完了しましたので、3月7日ご指定口座へ振り込み予定です」という内容でした。


そうそう、e-Taxから届くメールはすべて、「あなたのボックスにメールあり確認してください」という感じで、最初に設定したid番号とパスワードで毎回e-Taxのサイトにいって専用メールボックスを受信しないといけません。


還付金に関してはメールのボックスの1番下に進捗具合がかかれてあります。


問題があって、ブラウザがファイヤーフォックスだと、HPが崩れて読めない現象がおきますので、マイクロソフト社のインターネット・エクスプローラーを使用したほうが良いみたいです。


噂では、「e-Taxを利用すると還付金など手続きが3週間ほどで振込になる」というものがありますが、2月17日に確定申告し、約1週間で案内が届き、還付金の手続き完了まではさらに1週間の合計2週間となり、プラス3日程度で振込完了ですので、概ね17日程度で最後まで完了したことになります。(まだ振り込みはもらっていません。月曜日だそうです)


早いということもよかったですし、博多税務署に行って並ぶという必要もなく自宅で寝転んでもやれますし、初期投資でICカードリーダーライターを約2千円と、ICカードと電子認証で約1千円の合計3千円かかりましたが、総合的に判断すれば、e-Taxをやってよかったと感じます。


書類の添付なし、保管義務はあり、電話等で確認などがかかってくることもまずありませんので、適当に書いてもわからない可能性はありますが、株式売買での還付金などは、各証券会社作成資料を取り寄せ、1週間程度なにか確認後に「振込予定」となっていましたので、チェックはされている感じがあります。

昨日の夜中? e-Taxより福岡の不動産投資家へ1通のメールが届きました。


還付金の内容を確認してね~という感じだったのですが、どうもファイヤーフォックスのブラウザだと、メールボックスにログインした途端、ダメダメ表示でした。


それで、マイクロソフト社のエクスプローラーでログインすると、「あなたの確定申告受付済みで、還付金額と振り込み先銀行口座などをただいま確認しております」という博多税務署の案内メールだった。


噂によると、e-Taxからの還付金は、概ね3週間程度と早いらしいので、ひょっとしたら、もうすぐお金がもらえるのかもしれません・・・

福岡の不動産投資家にお勧めしたいのは、e-Taxになるのですが、今回はやり方を書いておきますね!


2011021701.jpg







上記のデジカメ写真が昨日アマゾンで購入したICカードリーダーライターというものです。


2011021702.jpg







上記の写真のように、パッケージに「e-Tax用」みたいに書かれてあれば、どれを選んでも大差ありませんので、私は最安値の¥2,000(送料込)のものを選びました。


2011021703.jpg







上記のように、住民基本台帳ICカードと比べても本体が小さいのがわかると思いますが、カードの半分くらいを本体に差して使います。


まず、ICカードリーダーライターの機械をパソコンのUSBスロットに差します。すぐに自動でドライバーソフトのセットアップが始まり自動で終わります。


次にe-Taxのサイトに行くと、「初めての人はこちら」と書かれてありますので、事前準備用ソフト類をダウンロードすると4つくらい一緒にソフトがダウンロードされます。それをクリックすればインストールも自動で終わります。


その後、電子認証用のパスワードと自分で考えた6桁の事業者仕訳コードのような数字を入力すると、「初めてのあなたの今後使うe-Tax用コードは、・・・・・・・・と4つの数字で区切られたものが4個、合計16桁の数字が表示されますので、メモっておきます。


作業途中ところどころ「保存する」という選択肢が出てきますので、USBメモリなどを差しておき、そこに納税などのフォルダを作って、常時そこに保存しておく形がベストだと思います。


後は、事前に用意してある確定申告の数字をどんどん入力していくだけになります。ゆっくり寝転んでやって30分かからないくらいで終わります。


データは自動で送信され、還付金のある人などは約3週間後などに振り込みされるみたいですので、優遇されています。


エコポイントの時も、店員さんなどに相談して手書きした人が3ヶ月経っても音沙汰なしだったのに、専用HPからデータ入力した人は1ヶ月とちょっとくらいで商品券送られてきたのと一緒で、いい事づくしだといえます。


住民基本台帳ICカードは福岡市の場合1枚発行手数料が¥500です。 同時に行う電子認証申請は1枚あたり¥500です。(電子認証の有効期限は3年) ICカードリーダーライターは、1個¥2,000で送料込ですので、ざっと¥3,000程コストがかかりますが、税務署に申告へ行き、行列に並ぶのに比べれば、1年あたり¥1,000以下となるランニングコストですので、ぜひ挑戦されてみてください。


e-Taxは、領収証など提出しなくても良いのですが、保管義務は3年ありますので、電子認証の有効期限3年と一緒ですが、ちょっとだけ気をつけないと忘れそうなポイントがあります。


パソコン初心者でも数字を入力するくらいですので、おじいさんでも問題なくできると思えるくらいの簡単さでしたので、アパマン経営者などのような、事業者が難しいと感じないと思います。

フリーエリア

不動産物件資料請求

格安な鍵交換方法

鍵屋さん開業フランチャイズで儲けよう

↑ クリックでジャンプします

FX攻略ソフト紹介

あのパチンコ攻略で凄かった梁山泊FX全自動売買ソフト

梁山泊が開発したFX自動売買ソフト『FREEDOM~フリーダムEX~』

↑ クリックでジャンプします

格安な車検方法

格安車検|研究委員会Aチーム

↑ クリックでジャンプします

フリーエリア

2011年2月16日まで無償

フリーエリア

Copyright ©  -- 不動産投資 福岡|アイリスゲートウェイ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by もずねこ / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]